病院薬剤師として 自暴自棄?

病院薬剤師の茶助です。

 

 

【1:セルフネグレクト?】

自分で治療を諦めた患者様がみえた。末期腎不全なのに透析拒否、胸部X線写真も拒否、出された薬も投薬台の傍で投げ捨てる。薬剤師さんも説得できず諦めた。主治医も説得できず匙を投げた。病院・調剤薬局とも責任は果たして、最適治療法を提案して再三の説得でも拒否。治療の道へもどすのは不可能だった。「俺は週3回の透析なんかできない、そんな通えないしお金もない。妻が居ない人生なんていらない、放っておいてくれ」と言われていた。

 

【2:その人の価値観】

だけど、治療しない=悪と決めつけるのも変だと思えてきた。病院に縛られたくない、残された時間は短くても自由に使いたい、そんな価値観なんだろうなって。医療人は治す・軽減することが真理だから許してはいけないけど、価値観は人それぞれ。僕の目の前にこの人がきたら、医療人としてやっぱりぎりぎりまで説得するだろうけど。

 

【3:先立たれた男性の弱さ】

寿命と配偶者の存命をみた統計がある。それによると、「男性は妻が居ないと短命」「女性は夫がいると短命」になるそうだ。この患者様も、妻が居ない人。自分の家事も、体調管理も妻に任せっきりだと自分でなにもできず、自暴自棄になる人が多いらしい。この人もまさにこのパターンだなって思う。

病院薬剤師として 余命告知

病院薬剤師の茶助です。僕は小規模病院の薬剤師になって2年になるけど、本当によかったなって思う。規模が小さいから、いろんな診療科を全部みれるし、調剤から病棟指導まで全部できる。規模が大きいと、調剤だけ、整形外科だけ、など断片的になっていたと思う。

 

【1:余命告知】

茶助の担当病棟は「外科病棟」。うちの病院だと外科は、消化器系の外科手術患者がほとんど。胆石つまるから胆のう切除とか、膵炎だから禁酒指導・薬での治療とか。だけど多いのは、消化器系のがん。

 

がんの進行度でステージⅠ~Ⅳまで分かれて、Ⅳは転移しているので末期がんに相当する。(転移がある=リンパ液・血液中あちこちにがん細胞が流れていることを意味する)ステージⅢとかⅣは、いきなり告知されるもの。『手を施さなければ4か月は厳しいです』などと付け足して。

 

そして、そんな末期のがん患者さんのエピソードに共通点がある。それは、人間ドックを受けず、自覚症状で受診して発見される点。主治医の先生方のカルテ記載に「せめて年1回、人間ドックを受けていれば・・」とあって、先生方の悔しさがよく分かる。自覚症状出るころには遅く、人間ドックが何としても必要なのだ。

 

【2:実際の患者様】

そんな患者様のもとに、僕ら病院薬剤師が行くときは必ず電子カルテに目を通している。今日もステージⅣの患者様の元にいった。

 

患者様は僕の父親世代くらいの人。だけどそんな人が、涙を流していた。「去年からずっとおかしい、おかしいって思っていた。町医者にかかっても下痢止め出されただけ。それで、ココで腸カメラ検査したらカメラが通らなかった。レントゲンしたら、末期のがんが見つかってあと4か月は厳しいって言われたんだ。なぁ××さん(僕の名前)、忙しいとこスマンけど時間もらってもいいか?・・・」そう言いながら、今まで出ていた薬・検査同意書なんかを見せていただいた。その中に、お墓の記事・葬儀料の記事・遺産相続の記事があるのを見つけた。最期が近いって事を理解して、泣きながら集めたんだろうなって、胸が痛くなった。「いきなりあと4か月だって言われて、××さん受け入れられるか?俺は恥ずかしいけど涙が止まらなかったよ。昼までいた妻がいなくなると、寂しくもなるんだよ。」プライドも高いであろう男性が、息子くらいの僕に、恥ずかしさ以上に辛いのだと伝えてきたのだ。

 

だけど希望を捨ててはいなかった。「俺は元気になって、(今いる岐阜から)青森までドライブしたいんだ。だから泣いてばかりもいられない。(力こぶをみせて)みてくれよ、こうやって筋肉だってついてきたんだ」希望があるから、自暴自棄にならずに明るい表情も見せられる。このときは僕も笑顔を作って、一緒に喜んでいた。希望が持てるから、こうやって人間らしくなる。勉強になった。

茶助の子育て実録(子供8か月)

娘子育て中の茶助です。これから結婚・出産を考える皆さんへ。子供ができるとどういう生活になるのか、僕らの子育て・すればよかった事などを公開したいと思う。

 

 

【1:子供の体力】

【1:子供の体力】
1 首すわり 3か月半で
2 寝返り 3か月半で
3 はいはい 4か月で
4 腰すわり 8か月で
5 掴まり立ち × 無理
6 立つ × 無理
7 歩く × 無理
8 走る × 無理

移動手段はもっぱらはいはい。ハイハイで走れたり、膝でなら立てるように。ちなみに僕たちは8か月の娘連れて、スキー場で問題なく1日過ごせた(子供はずっとキッズスペース・食堂にいたが)。子育て中であっても、スキーは諦めなくていい。工夫の例がコチラ。

 

chaske1024.hateblo.jp

 

 

キライな物も。ボールプールに入れたり、掃除機を動かすと大泣きする。今後もそうなのだけど、「初体験」は怖がって泣いたり、警戒する。このころから感情がハッキリしてきた。

 

あと体力でなく精神的な成長も。9か月になってからだけど、人見知り始まった。保育園で他のお母さんを見て泣いて、ママに抱かれると落ち着いていた。

 

【2:子供の食事】

【2:子供の食べ物】
1 母乳 2回
2 粉ミルク

11時+寝かしつけ前

フォローアップミルクへの過渡期

3 離乳食

2回食。

おかゆや潰した野菜、きな粉ヨーグルト、ひき肉、ツナ缶、冷凍小分け焼き芋、蒸しカボチャ

4 歯の生え方 前歯4本位
5 コメント   手掴み挟むとよく食べる

栄養はミルク・母乳・離乳食それぞれ3:5:2くらい。母乳がメインで、ママの授乳回数も4回あり(そのたびに25分暗室に籠り、乳首が痛い思いをしている) 

 

離乳食は1日2回に。手掴み食べ・スプーンフォーク食べはまだまだ先でもっぱら与える。

[8か月の離乳食]
1

回数

  2回。朝食・昼食
2

ごはんもの

(炭水化物)

5倍がゆ、冷凍焼きいも

 

3

肉系

(タンパク質)

ひきわり納豆、きなこヨーグルト、ノンオイルツナ、ひき肉

4

野菜系

(ビタミン)

蒸しカボチャ、トマト、蒸し人参、刻みほうれん草、大根
5 果物   薄皮剥いたミカン、いちご、バナナ

ざっくり言えば「味付けがないOR薄い」「舌でつぶせる」「トロミつけられる」タイプの食材ばかり。

ちなみに蒸しカボチャは「土鍋で長時間蒸す」と凄く甘くなって、食いつきが良くなる。ぼくは2人用土鍋のなかに、せいろ(ザルで代用もOK)いれて一口カットのかぼちゃをいれ、煮沸したら火を止め・鍋がさわれる位冷えたらまた煮沸を繰り返す。こうするとカボチャはすごい甘みで柔らかくなる。

 

ほかの野菜は、アルミホイルで包んで米と共に炊飯するか、大人料理から取り分けてさらにレンチンすると楽に用意できる。もちろん、これらは小分けして冷凍しておくとラク

 

このころは離乳食エプロンが必須だった。

 

 こういった可愛いエプロンをプレゼントされて、とっても嬉しかった(外出先で離乳食するとき、人目に見てもオシャレだから)。もちろん家では安いプラスチックエプロンだった。

 

 

【3:目下の悩み】

【3:目下の悩み】
1

何でも拾って口にする

(輪ゴム・床フィルムを誤飲して吐いた)

床に置かない・テーブル上なら届かなくOK

 

2 離乳食で汚れる

汚したら即お尻拭きで拭く

手をスプーン持たせて塞いだスキに与える

       

8か月の子供は「何かあればとりあえず口にする」。手に届く範囲(この子ならハイハイ・膝立ちで届く範囲)のものは、口に入れると思っていい。僕たちが「とりあえず手に取って確かめる」ような感覚らしい。輪ゴムのみ込んで、盛大に咳して出したときは焦った。これがレジ袋とかだったら目も当てられない。(衰弱死した奈良公園のシカの胃袋から、レジ袋が結構でてくる。レジ袋はシカでさえも殺してしまう)
  

 

【4:スケジュール例(平日)】

【4:スケジュール例(平日)】
時間
6:30 睡眠中 起床➡オムツ替え➡洗濯
7:00 起床➡朝食 離乳食準備・与える➡同時に朝食
8:00 出勤 授乳
9:30 児童館・公園へ
11:00 帰宅・ミルクとおやつ
12:00 離乳食与え&昼食
13:00

昼食の片付け
(食洗器にセット)

➡授乳開始

子供の昼寝=親の自由時間
17:00 授乳
17:30 風呂掃除
18:15 帰宅・夕食 夕食
18:30 食べ終り・
入浴開始
食べ終り・
子供を風呂へ運ぶ
18:40 子供が到着したら洗う 夕食の片付け・掃除
19:00 子供を先に風呂から出す 子供に保湿ローション塗る・
ドライヤーかける
20:00 子供と遊ぶ お風呂・自由時間
21:00 ミルク120与える➡ママに引き渡す 暗室で授乳➡そのまま寝かしつけ

 

授乳はどうしても男性ではできず、ママに引き渡すことに。授乳回数は4回もあって大変。こういう時は時短家電に助けられる。例えば授乳疲れに細々した家事はツライので、食洗器が大活躍していた(子供食器は小さくて洗いにくいので助かる)。本当は洗濯乾燥機もあったらよかったけど、それは子供12か月になってから。

chaske1024.hateblo.jp

 

離乳食は見ての通り朝食・昼食だけど、これは離乳食でなにかあった時(食物アレルギーや誤飲とか)、クリニックにすぐ連れていける為。

 

 

 

茶助の子育て実録(子供10か月)

娘子育て中の茶助です。これから結婚・出産を考える皆さんへ。子供ができるとどういう生活になるのか、僕らの子育て・すればよかった事などを公開したいと思う。

 

 

【1:子供の体力】

【1:子供の体力】
1 首すわり 3か月半で
2 寝返り 3か月半で
3 はいはい 4か月で
4 腰すわり 8か月で
5 掴まり立ち 10か月で
6 立つ 一度だけ立っていた
7 歩く × 無理
8 走る × 無理

移動手段はもっぱらはいはい。伝い歩きも無理。掴まり立ちするからこれが活躍・・・と思いきや、全然使えなかった。

 

 後頭部を守れる・・・と思いきや、クッションが左右にずれていてりして頭直撃、なんてことが多い。しかも子供は苦しそう。

 

あとは、掴まり立ちというか、椅子に登ってしまえる。テーブルにも手が届く。テーブルにモノが置けなくなった。親としてはうれしい反面、安全地帯がまた狭くなった。

 

言葉はまだ喋らない。『(いないいない)ばぁ~』など喋るのは、11か月からだったから。

【2:子供の食事】

【2:子供の食べ物】
1 母乳 2回
2 粉ミルク

11時+寝かしつけ前

フォローアップミルクへの過渡期

3 離乳食 3回食、おかゆや潰した野菜、ヨーグルト
4 歯の生え方 前歯6本位
5 コメント   手掴み挟むとよく食べる

栄養はミルク・母乳・離乳食それぞれ3:3:4くらい。母乳まだまだ必要。ミルクは10か月からフォローアップミルクへの過渡期。

 

元々の乳児ミルクが「明治 ほほえみ らくらくキューブ」だった。だから「明治 ステップ らくらくキューブ」にしたら、よく飲んでくれた。が、熱湯でも溶けにくく、哺乳瓶の溶け残りが面倒だった。この2か月後、「森永 チルミル 缶入り」に変えることになる。 

 

また離乳食は、5倍かゆ程度。わかめおかゆ。果物はバナナやイチゴがそのまま与えられてオススメ。おやつはクッキーや卵ぼうろ、蒸しパン(茶助お手製)など。おやつは炭水化物ばかりになる(野菜パンなどと書いているものも、気休め程度にしか入っていない)ので、野菜や果物をいかにあげるかが大事に。蒸しパンは娘の野菜不足を嘆いて、いつも冷凍作り置きしていた。

 

chaske1024.hateblo.jp

 

【3:目下の悩み】

【3:目下の悩み】
1 便秘

食事前の水分で解消

ダメなら乳児用浣腸

2 テーブルよじ登る 大事な物は高台orベビーゲートの向こうに
 3 離乳食で汚れる  ➡ 

●食後は風呂で洗う

●100均レジャーシート敷き+バンボで

●汚したら即お尻拭きで拭く 

娘はこのころから便秘気味で困った。便秘解消法は、娘の月齢によってさまざまで、このときは食前ミルクで解消していた。食前に水やお茶だと、美味しくないから飲んでくれず、止むを得ずフォローアップミルクを40mLだけ与えていた。

 

ダメな時は乳児用浣腸。

 

 赤ちゃんの浣腸はなぜか「少ないのにやけに高い」ものが多い。じゃあ大人の60mL をチョイ出しでと思うが、大人用の管は太いし、間違えて大量にだして直腸破裂とかしたら命が危ない。おとなしく、乳児用をつかうべき。

 

あと浣腸だと癖になるから本当にたまに。マルツエキスや果汁を与えたりもしたけど、目に見えて効果はなかった。

 

離乳食が3回食になり、床を汚すのが悩みに。そこで、「食後すぐに風呂にする(そのまま洗う)」「レジャーシート敷き+そのうえでバンボに座らせる」「汚れたらすぐ拭く」これで対策した。後述のスケジュールも、それを考慮している。ただ朝昼食は、その後洗えないから、汚れにくいレシピにする。 

 

【4:スケジュール例(平日)】

【4:スケジュール例(平日)】
時間
6:00 睡眠中 起床➡洗濯
➡粉ミルク40
7:00 起床➡朝食 朝食・
離乳食与える
8:00 出勤 授乳
9:30 児童館・公園へ
11:00 帰宅・ミルクとおやつ
12:00 昼食
13:00 昼食の片付け
(食洗器にセット)
子供の昼寝=親の自由時間
15:00 夕食と離乳食準備
17:30 風呂掃除
18:15 帰宅 夕食・粉ミルク40
➡離乳食与える
18:30 食べ終り・
入浴開始
食べ終り・
子供を風呂へ運ぶ
18:40 子供が到着したら洗う 夕食の片付け・掃除
19:00 子供を先に風呂から出す 子供に保湿ローション塗る・
ドライヤーかける
20:00 子供と遊ぶ お風呂・自由時間
21:00 自由時間 暗室で授乳➡そのまま寝かしつけ

食事前にミルク40なのは、「食事前水分で便秘解消」するから。10か月にもなるとほとんど夜泣きは無くて、まとめて寝てくれて助かる。おしっこ回数も6回くらいで、オムツ替え回数も減った。オムツはだんだんサイズアップ=オムツ1枚の値段アップなのだけど、替える回数減るからトントン。

 

授乳がある分、妻の時間がまだまだ少ないのが解る。寝かしつけは授乳➡そのまま寝かしつけすると効率がいいと解った。授乳で吸う動作で疲れるから。夫は寝かしつけできない。

茶助の子育て実録(子供12か月)

娘子育て中の茶助です。これから結婚・出産を考える皆さんへ。子供ができるとどういう生活になるのか、僕らの子育て・すればよかった事などを公開したいと思う。

 

 

【1:子供の体力】

【1:子供の体力】
1 首すわり 3か月半で
2 寝返り 3か月半で
3 はいはい 4か月で
4 腰すわり 8か月で
5 掴まり立ち 10か月で
6 立つ ヨロヨロ
7 歩く 1歩だけドスン
8 走る × 無理

移動手段はもっぱらはいはい。1歳の直前くらいに断乳して、それから一人で立った(しゃがんだ状態➡そのまま立つ)。立って、自分で『たったー』って笑顔で拍手していた。あと、ジャングルジムの1段目(高さ30㎝)に一人で登る・下りるが出来るようになっていた。

 

 

簡単な言葉なら喋る。

ばばば(バナナの事)
ばぁ~(いないいなばぁ)
どーど(どうぞ、それ頂戴もどーど)

僕たちの喋りも思いきりマネされている。子供の前でケンカはダメだなって思った。

 

【2:子供の食事】

【2:子供の食べ物】
1 母乳 × 11か月半で卒乳
2 粉ミルク 11時+寝かしつけ前
3 離乳食 固い物以外は食べる
4 歯の生え方 前歯6本位
5 コメント   手掴み挟むとよく食べる

栄養はほぼ離乳食からとれる。ミルク2回あるのは、まだ卒乳したてで胃がミルクに慣れているから。ミルクといっても、1歳になったらフォローアップミルクになる。

卒乳は妻が解放されること多い。例えば

飲酒
寝かしつけ時の授乳
寝かしつけはパパも可能
セックスレス(笑)

 

これでママの負担は減った。ちなみに授乳していると、生理が来ないそうだ。ただ、断乳して3日目くらいに、おっぱいを恋しそうにしてた。ママの服をめくって、おっぱいに何度もすりすりして泣いていた。見ているコッチまで泣けてきた。

ちなみに食べ物はこんな感じ。前歯使えるので、カンタンにかみ切れる食材はOK。

 

[離乳食 食べられるもの]
1

ごはんもの

(炭水化物)

  普通のごはん(おにぎりボールにして)、蒸しパン、パン、煎餅、焼き芋、お好み焼
2

肉類

(タンパク質)

  ミンチ、ツナ缶、きな粉ヨーグルト、納豆
3

野菜類

(ビタミン)

  野菜ポトフ、蒸しカボチャ、味噌汁
4 果物類   すいか、いちご、バナナ、グレープフルーツ、
       

メニューが大人とほとんど同じになったため、ただ取り分けるだけでラク。野菜ポトフは僕の得意料理なのだけど、牛肉(奥歯ないので噛めない)以外は何でも食べてくれる。このころはもう小分け冷凍皿は使わなくなった。

 

chaske1024.hateblo.jp

 

ごはんもお粥はいらず、おにぎりボールをつくって手掴みさせると勝手に食べる。

 


【3:目下の悩み】

【3:目下の悩み】
1 便秘

野菜を沢山あげる

丸2日でないなら浣腸

2 自分の身長までイタズラできる 大事な物は高台orベビーゲートの向こうに
 3 おまるで便をださない  ➡  便をたすタイミング見計らう。寝起き、寝付く前、食後すぐ 

このころは便秘に参った。たまたま風邪ひいたときに小児科医に便秘のこと相談すると、こういわれた。

丸2日でないのは赤ちゃんでは普通
綿棒浣腸は気休め、赤ちゃん用浣腸を
野菜も食べさせてね

だから、丸2日でない時は赤ちゃん用浣腸を使うことにした。それはコレしかない。

 

 赤ちゃんの浣腸はなぜか「少ないのにやけに高い」ものが多い。じゃあ大人の60mL をチョイ出しでと思うが、大人用の管は太いし、間違えて大量にだして直腸破裂とかしたら命が危ない。おとなしく、乳児用をつかうべき。

 

あとおまるデビューさせた。トイレトレーニングには少し早いけど、これは「イヤイヤ期にトイレトレーニングは過酷だろう」とのことで。

 

chaske1024.hateblo.jp

 

 

【4:スケジュール例(平日)】

【4:スケジュール例(平日)】
時間
7:00 起床
➡夫婦朝食・離乳食準備
起床
➡洗濯を畳む
(洗濯乾燥機)
7:30 朝食 朝食・
離乳食与える
8:00 出勤 マザーズバッグの中身準備
9:15 児童館・公園へ
11:00 帰宅・ミルクとおやつ
12:00 昼食
13:00 昼食の片付け
(食洗器にセット)
子供の昼寝=親の自由時間
15:00 夕食と離乳食準備
17:30 風呂掃除
18:15 帰宅 夕食・
離乳食与える
18:30 食べ終り・
入浴開始
食べ終り・
夕食の片付け
18:40 子供を持って
一緒に入浴
夕食片付け・掃除
19:00 子供を先に風呂から出す 子供に保湿ローション塗る・
ドライヤーかける
20:00 子供と遊ぶ・
ミルクとトイレ
お風呂・自由時間
21:00 子供寝かしつけ
➡自由時間
マザーズバッグ補充・予防接種や保育園の書類かく
➡自由時間

卒乳したため、妻は7時まで寝られる。夫も寝かしつけ可能になったので、自由時間が随分ふえた。夜泣きで起こされることもなくなった。ここまでくると安心。

茶助の子育て実録(子供14か月)

娘子育て中の茶助です。これから結婚・出産を考える皆さんへ。子供ができるとどういう生活になるのか、僕らの子育て・すればよかった事などを公開したいと思う。

 

 

【1:子供の体力】

【1:子供の体力】
1 首すわり 3か月半で
2 寝返り 3か月半で
3 はいはい 4か月で
4 腰すわり 8か月で
5 掴まり立ち 10か月で
6 立つ 12か月で
7 歩く 13か月で
8 走る ぎこちない

まだ走りかかるくらい。〇が増えてきて喜ばしい反面、じつは「できるイタズラが増え・目が離せない」悩みも増える。歩けるような子供は、手を伸ばせる範囲には物をおけない(触っていい物しかおけない)。しかも、ローテーブル程度ならよじ登るので、ローテーブルの高さ+子供の身長が届いてしまう。でも成長したんだなと、嬉しくなる。できる遊びが増えて楽しくなる。

できるようになった遊びは、ジャングルジムによじ登ること。ブランコの不安定なイスに一人で座れること。児童館いっても、できる遊びが増えて楽しい。

 歩けるということは、靴買えば公園でも遊べる事。

 

靴はサイズや足型が細かいので、こればっかりはサイズ・足型をはかって専門店で買うのが本当はいい。 子供は歩けるのは室内だけじゃなく、屋外でも。駐車場から公園・児童館までだっこせず・手をつないで行けるということ(ただしチョットした石ころでつまずくし、手をつけないので注意)

 

また水遊びもできるので、水着も買いたくなる。

 

 

【2:子供の食事】

【2:子供の食べ物】
1 母乳 × 11か月で卒乳
2 粉ミルク 寝かしつけ前1回
3 離乳食 固い物以外は食べる
4 歯の生え方 奥歯以外生えた
5 コメント   味で好き嫌いあり
一人で手掴み食べはまだ無理

栄養はほぼ離乳食からとれる。卒乳は妻が解放されること多い。例えば

飲酒
寝かしつけ時の授乳
寝かしつけはパパも可能
セックスレス(笑)

 

これでママの負担は減った。ちなみに授乳していると、生理が来ないそうだ。

 

ミルク寝る前の意味は

粉ミルクは消化に時間かかって寝る
フォローアップミルクで栄養補う

こういう事らしい。我が家はコレを愛用。

 

ちなみにこのサイト、断トツで安いです。 チルミルのいいところは

高くない
不足しがちなタンパク・鉄分豊富
冷水でも溶ける

冷水で溶けるのがうれしいところ。だってお湯が無くても冷まし湯orミネラルウォータでいいって事。早く飲ませたい時に嬉しい。

 

あと、離乳食は始めると苦労がつきもの。(以下記事)

 

【3:目下の悩み】

【3:目下の悩み】
1 味で好き嫌い 好物は嫌いな物を
食べきってから
2 一人放置では
食べない
親がスプーン
で与える
3 頬に入りきら
ない位いれて
吐き出す
口を開けさせカラ
になったら与える
4 食事飽きると
投げる・
塗り付ける
手を即座に拭く

見事に離乳食関連の悩み。妻はいつも『カワイイんだけど、離乳食の時はかわいくない。つい八つ当たりしてしまう』と嘆いていた。親としては、「頑張って作った離乳食なのに」って思う。逆に頑張らずに離乳食作った方がいい。つまり

●大人おかずの取り分け

●週末大量につくって冷凍

前者の例が、僕的にはこういうもの。

 

chaske1024.hateblo.jp

chaske1024.hateblo.jp

 

後者の例が、こういうもの。

 

chaske1024.hateblo.jp

 子供が離乳食で遊ぶなどする原因。茶助的には、「おなかいっぱい」「放置しないで食べさせてよ!」だと思う。こればかりは大人は放置はダメ、面倒がらず与えるべき。どうせ(与えていない方の)片親はゆっくり食べられるのだから。

 

【4:スケジュール例(平日)】

【4:スケジュール例(平日)】
時間
7:00 起床
➡夫婦朝食・離乳食準備
起床
➡洗濯を畳む
(洗濯乾燥機)
7:30 朝食 朝食・
離乳食与える
8:00 出勤 マザーズバッグの中身準備
9:15 児童館・公園へ
11:30 帰宅
12:00 昼食
13:00 昼食の片付け
(食洗器にセット)
子供の昼寝=親の自由時間
15:00 夕食と離乳食準備
17:30 風呂掃除
18:15 帰宅 夕食・
離乳食与える
18:30 食べ終り・
入浴開始
食べ終り・
夕食の片付け
18:40 子供を持って
一緒に入浴
夕食片付け・掃除
19:00 子供を先に風呂から出す 子供に保湿ローション塗る・
ドライヤーかける
20:00 子供と遊ぶ・
ミルクとトイレ
お風呂・自由時間
21:00 子供寝かしつけ
➡自由時間
マザーズバッグ補充・予防接種や保育園の書類かく
➡自由時間

プレママ・ママに送りたいプレゼント

一人娘の父親の茶助です。妊娠・出産する友達へのプレセントって、結構迷う思う。僕らもプレゼントを贈ったし、また貰ったりもした。そのなかで『コレは本当に役に立った!』ってもの(=贈るのにオススメ)をいくつかあげたい。参考になればと思う。

 

 【1:多目的抱き枕】

【1:多目的抱き枕】
1 使う時期 妊娠・授乳      
2 値段   5000円前後    
3 良いところ 多目的・時期も長い
4 悪いところ 1個あれば十分    

地味だけど、結構喜ばれる。これをあげる時、あげる相手にズバリ「抱き枕持ってる?」と聞いて、持っていないと言ったらコレでいいとおもう。これの凄いところは、

<使い方>
妊娠でお腹真上が苦しい時:抱き枕
授乳で体勢を変える時:台座  
腰の座った子のベビーキープ  

と多芸なこと。僕も友人2人と妻にプレゼントしたが、みんなとっても喜んでいた。

 

 

 【2:妊娠中OKの食べ物】

妊娠中はいろいろな物がNGになって、食べられるもの少ない。

【2:妊娠中NGの食べ物】
1 アルコール ×
2 タバコ ×
3 生の食べ物 ×
4 ナチュラルチーズ ×
5 カフェイン

だから、妊娠中でもおいしく食べられるものを貰えると、嬉しい。妊娠中OK食の詰め合わせだったら、嬉しい。

 

【3:離乳食食器セット】

割れない、食洗機オーケーのタイプが嬉しい。

 

 

これもいいなと思う。電子レンジ・食洗機OKだし、フタつけて密閉もいける。乳幼児は食べ残しを冷蔵庫➡それを電子レンジ➡食器が細々と多いので食洗器で一気洗い、となること多いので、全部クリアできる。しかも、結構安い。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

離乳食 食器 ミニーマウス 片手で持てる離乳食パレット(1セット)
価格:1780円(税込、送料別) (2019/6/30時点)

 

【4:スタイのかえ】

いくつあっても嬉しい。生後一年はよだれダラダラで、服の首元はすぐ蒸れてしまう。おでかけしたら日帰りでも2枚はほしい。

 

このメーカー(コッパーパール)のは「可愛いけど、ダサくない」と絶妙なセンスで、喜ばれると思う。しかも吸水性もよくて、梅雨時のさらさら感は良かった。

 

 僕らもたくさんのスタイもらったけど、よく使うので本当にうれしい。だいたい1歳までのおでかけは おでかけ服+上からスタイ となるからだ。

【5:離乳食エプロン】

食べこぼしから服を守る・・だけじゃなく、オシャレで可愛い物もあり、外出先では一石二鳥と優秀。僕らも出産祝いに頂いたけど、本当に助かっている。

 


【6乳児歯ブラシ】 

子供はブラシをかんですぐダメにする。だからすぐほしくなる。

乳児で生え始めの子は、こういう口に突っ込んでしまわないやつもいいと思う。

 

 

こういう変わり種も、プレゼントっぽくていい。

 

 

【7:オススメしないもの】

●哺乳瓶・マグカップ(メーカーをそろえないとダメだから。ピジョンユーザーにエジソンママとかあげても、部品交換のときカタチがあわず使いにくい)

●服(ベビー下着だったらいいけど、おでかけ着えらぶのはセンスが必要)

➡僕はあくまで『まよったらコレで間違いない』ものを提案したいので、迷わないといけないものはオススメしない。(その割には6種類も提案したが、6種類のどれでも間違いないと思う)