病院薬剤師として 福利厚生のリアル

病院薬剤師の茶助です。このタイトルでは、入職しないと解らないほんとの病院薬剤師について書きたい。僕は入職前いろいろと調べたが、給与面や勤務待遇はわかっても、福利厚生については何もわからなかった(というか入職前に聞けるはずがない)

 

 

【1:参加者がバリエーション豊か】

僕の勤め先(小さめ病院)で先日、バーベキューがあった。職場全体でのものなので、参加者は当然バリエーション豊かに。

医師 数名
薬剤師 数名
リハビリ技師 数名
検査技師 数名
放射線技師 数名
管理栄養士
看護師 十数名
事務局員 数名

おおよそのザックリした数字だけど、バリエーションがある。こういう会で酒が入れば、結構誰とでも喋れるもの。薬剤師だけで固まるなんてことはない。

 

【2:福利厚生の種類も多い】

先ほどはバーベキューの例を出したが。他にも、交流系の福利厚生はある。

●バーベキュー

●ボウリング大会

●日帰り旅行

●1泊2日旅行

●ディナー会(中華、洋食、和食で各1かい)

あくまで僕の勤め先の例なのだけど、友達の病院でも大差ないときいた。おそらくどの病院でも、「職種内で固まったら業務での連携が悪くなる」と考えて交流系の福利厚生があるはず。

あとはスポーツサークルも多いと思う。

●院内テニスサークル

●院内ゴルフサークル

があると聞く。病院敷地内にテニスコートがある病院もあるくらいだから。